コンテンツマネジメントシステムって何ができるの?

コンテンツマネジメントシステムを導入でできることについて紹介します

データベース作成

コンテンツマネジメントシステムを使うことによって、データベースを作ることができます。データベースに対してすべてのデータを蓄積させることはできません。ですが、ウェブ制作において使うことができるデータならば大体保存することができます。

例えば、画像が保存できるわけですが、画像をデータベースに保存することによって作業効率が大きくアップするのです。また、画像以外にもテキストデータ、動画の保存も可能となっています。

かご通販サイトでは、会員登録をしてもらって商品を購入してもらうという流れになるのですが、この時の会員情報をデータベース化して保管ができるというのがコンテンツマネジメントシステムの大きな役割というわけです。このデータベースを活用することによって、メルマガの送信に使うことができますし、マーケティングにおける大きな助けになるのです。

データベースの作成ができるというのは、コンテンツマネジメントシステムにおいては大きなメリットになりえます。ですから、もしもどのコンテンツマネジメントシステムを利用しようかと迷った場合には、迷うことなくデータベースが作成できる機能がついているものを選ぶようにすることが大事です。


参考≪http://www.vibitcms.com/function/
コンテンツマネジメントシステム「vibit CMS Neo」の機能紹介をしています。

タイマー機能

コンテンツマネジメントシステムを使うことによって、タイマー機能というものが利用できます。

このタイマー機能ってなに?という人もいるかもしれません。タイマー機能は、事前に公開したいページを作成しておいて、公開したい日になったらオートでページを公開できるというシステムなのです

地図使い方としては、事前に分かっている情報ではあるけども、即座に公開をしたくないという場合、前もって制作だけしておいて、タイマー機能を使ってその日になったらクライアントに公開するというものです。その日になってから手動で公開するよりも楽ですし、あらかじめヒントを与えて告知することによって、相手に期待感を持たせることもできます。通販サイトの場合は、販売のインフォメーションをしておいて、オートで販売受付をスタートさせるということもできるわけです。

また、更新履歴の閲覧も可能ですし、もしも公開された情報が適切なものではないという場合には、過去の状態に戻すこともできるようになっているのです。コンテンツマネジメントシステムを導入することによって、更新作業を複数人で行うことができるという大きなメリットもあり、全体の負担を大きく減らすこともできるのです。

コンテンツマネジメントシステムとは

コンテンツマネジメントシステムと呼ばれるものがあります。このシステムを利用してサイトの制作や運営をしている人はかなりの数になっていると言われています。では、コンテンツマネジメントシステムを使うことによって得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょう。

パソコン最大のメリットと言えるところとしては、ネットに関しての知識、HP作成の知識が薄いという人であっても、サイト構築が容易に行えてしまうというところです。通販サイトをはじめとしたウェブサイトを作りたいと思ったとき、インターネットに関する知識が必要になります。HTMLは比較的容易ですが、それにCSSを結び付けようと思ったら、初心者はそこで挫折してしまうことが多いです。そこにJavaが絡んでくることによってさらに複雑化します。それに加えて、通販サイトを作りたいというのであれば、専門的なデータベースの知識が必要になります。サーバーの構築だって必要になります。

こうした知識を手に入れるためには、時間がかからない人もいますが、人によっては膨大な時間が必要になります。ですが、時間も予算もないという人も確かにいるのです。そうした人のためにコンテンツマネジメントシステムが役に立つというわけです。前述の通り、ネットに関しての知識がいらないからなのです。では、このコンテンツマネジメントシステムを導入したら、一体どのようなことができるのかということについて紹介します。まずはタイマー機能について説明していきます。